運転者で値が決まる自動車保険

自動車保険の保険料が決定する際にかなり重要なのが、加入する自動車を誰が運転するのかというのが大きなポイントになってきます。
たとえば、運転する人の続柄とか年齢とかによって事故を起こしやすい年齢層の人を保険内容に記載すると保険料も高くなります。
どんな仕組みになっているのか数種類あるので確認しておきましょう。

自動車の保険を契約するときに必ず記載するのが、自動車を運転する人の名前です。
おもに運転するのは誰なのか、その人の年齢と免許の色がゴールドか一般なのか、どんな仕事についている人かというのがとっても重要なのです。
もちろん、ドライバーが誰でも構わないし多くの人がこの車を運転するというのであれば「限定特約なし」という契約を交わすことができますが、保険料が値下がりする要素は全く含みません。

このほかにも「家族限定特約」という制度があります。
これは被保険者がメインで運転する人で、2番手は被保険者の配偶者、3番手は被保険者と同居している親族、4番手が被保険者の未成年の子供です。
また、「夫婦限定特約」もあります。被保険者と配偶者だけが運転なので補償される内容も特定されています。
そして「本人限定特約」はその名の通り、運転するのは被保険者だけということになっています。

また、このようにドライバーを限定することにプラスして年齢条件を加えます。
21歳以上、26歳以上、30歳以上ならばその年齢以上の人だけの運転中の事故を補償する、あるいは年齢を問わないで補償する「年齢問わず補償」もあります。

このように運転する人がどの年齢に属しているかというのはとても大きなポイントなのです。
年齢が若ければそれだけ事故を起こす確率が高くなります。
30歳以上であれば事故を起こす確率がかなり下がるので保険料も大幅に引き下がるという仕組みです。

保険料が決定するのも誰がメインで運転するのか、その人の年齢がいくつなのかによって決まるのです。
出来ることならば、自分の子供でもその車を運転する機会がないのであれば運転者として登録しない方が無難だともいわれています。

自動車保険まるわかり辞典|安い自動車保険の失敗しない選び方はこちら

銀行はどこからお金を借りるの?

「銀行はどこからお金を借りるのか」というと、実は「利用者(個人)」「企業(法人)」からお金を借りています。見た目には分かりづらい仕組みですが、日本人が日常的に利用している「個人預金」は銀行にずっと保管されている訳ではありません。大きな金庫があって、そこに大金が保管されていると思い込んでいる人もいるでしょうが、実は銀行に現金はそれほど保管されてはいません。

では、銀行はどこからお金を準備して貸付などを行っているのかと言うことになりますが、個人などから預かったお金を他の人に貸し付ける形で現金を動かしています。お金借りる人が審査を受けてもすぐにお金を借りることが出来ない理由は、「その場にお金がない」という可能性があるためです。

大口の融資に対応する場合に現金が足りない場合、銀行はどこからお金を借りるのかというと「同行支店」もしくは「日銀」です。支店間で現金を移動させることで融資や取引に対応するというのが基本的な方法ですが、それでも足りない場合には日銀などから借りて対応します。

そもそも、日銀は銀行に対してお金を貸すことが仕事の一つでもある為、そういった調整をしながら日本全体の経済を管理している訳です。「銀行はどこからお金を準備しているのか」という答えは一つではありませんが、ごく一般的な方法としては「利用者からの預金を運用している」という認識を持っていれば良いでしょう。そして、最終的には上位銀行のサポートを受けると言った形です。

100万円をすぐにお金を借りるなら銀行それとも消費者金融どちらがいいの?

100万円のお金を借りるためには、それなりの審査を経て、融資を受ける必要があります。そして、借りることがすべてではなく、その後には返済が待っています。資金繰りの目処が完全にたっており、直ぐに100万円が調達され、1か月以内に万全を期して返済可能なら消費者金融に飛び込むのが一番でしょう。審査期間が銀行とは格段に異なります。また、一定期間を無利子で融資してくれる消費者金融もあり、スムーズな調達という点では消費者金融でお金を借りることをお奨めします。
しかし、一般的に、100万円が直ぐに手元に入るケースは稀であり、毎月一定額を返済していく必要があるものと推測されます。そうなった場合、100万円に利息がかさみ、最終的な総返済額は、消費者金融の方が高額なものになることが予想されます。多少の手間暇を惜しんでも、お金を借りる際は銀行を選ぶべきと考えます。
そもそも、100万円のお金を借りる際、月額返済を2万円、ボーナス時に10万円としても、およそ2年半程度はかかる計算になります。その間に銀行金利が4%、消費者金融が8%の利率とした場合、単純計算でも年間に4%、4万円の差額が生じます。2年半ならば、概算で10万円になります。10万円程度なら痛くも痒くもない人なら話は別ですが、多くの人は支払利息がより少ない方を選択すると考えられます。もちろん、金融機関によっては、総合口座に幾らかの定期預金を持っていたり、保険や公共料金の引き落としを活用するなどの実績があれば、さらに低利で融資をしてくれる場合もあります。すぐに借りるなら消費者金融のスピードには及ばないかもしれませんが、その後の返済を勘案し、長期的なスパンで賢明な選択をすることが重要です。